デューデリジェンス

【19】 デューデリジェンス

DDで最終チェックを!

M&Aの実行前には、買い手及び買い手側が採用した外部の専門家チームによりデューデリジェンスが実施されます。売り手の実態・リスクを明らかにするため、買い手にとって必須のプロセスです。

 

デューデリジェンス(Due Diligence)とは、M&Aを行うにあたり、買い手が、売り手の実態及び問題点(リスク)を詳細に把握するために実施される調査のことです。頭文字をとって「DD」と言われることも多いです。 通常、DDは、意向表明又は基本合意書締結後に行われ、検出されたリスクによっては、M&Aが中止になったり、条件を大きく変更したりすることになります。したがって、DDは必要不可欠なプロセスです。 売り手の財務面を調査する財務デューデリジェンス、法務面を調査する法務デューデリジェンス、ビジネス面を調査するビジネスデューデリジェンス等、どの分野を調査するかによって、さまざまなDDが行われます。

M&Aの実行前には、売り手の実態・リスクを明らかにするため、デューデリジェンスが必須です。

 

Spiralll, Inc.