バリュエーション

【22】 バリュエーション

バリュエーションで売却金額の参考に

会社がいくらで売れるのかは、売り手オーナーにとって最大の関心事です。 上場会社なら株式市場の株価が一つの目安となりますが、非上場の会社は株式価値を算定する必要があります。さまざまな算定方法があり、主にインカムアプローチ、マーケットアプローチ、コストアプローチの3つの方法があります。

 

非上場の売り手の場合には、M&Aにあたり会社や事業の価値を算定する必要があります。この価値算定のことをバリュエーションと言い、さまざまなバリュエーションの手法が開発されています。主にインカムアプローチ、マーケットアプローチ、コストアプローチの3つの方法を加味しながら売却価格を検討していくことになります。 ただし、非上場の会社や事業の場合、買い手、売り手のそれぞれの立場や思惑、タイミングによって、価格は高くもなり、安くもなります。バリュエーション理論で計算された価格は参考値にはなりますが、唯一絶対ではありません。

バリュエーションにより会社や事業の売却価格の目安が決まります。

 

Spiralll, Inc.