事業拡大への活用

【13】 事業拡大への活用

M&Aで時間を買おう!

M&Aの最大のメリットは、「時間を買う」ことです。 新規事業に参入したい場合や、既存事業であっても規模の拡大を目指したい場合、独自で行うには、失敗するリスクがあり、また事業を軌道に乗せるにも時間がかかります。M&Aでは既に事業化しているものを買うため、時間とリスクを最小限に抑えることが可能です。

 

M&Aによる事業拡大の方向性として、「垂直統合」と「水平統合」という言葉がよく使われます。 「垂直統合」は、自社事業の上流または下流を統合・買収していくことを言います。例えば、卸売業を営む会社が、上流のメーカーを買収したり、下流の小売店を買収したりすることです。 「水平統合」は、同業の他社を買収し、スケールメリットを追求することを言います。例えば、関東地方を基盤とする学習塾が、関西地方を基盤とする学習塾を買収することです。

事業拡大したい起業にとって、M&Aは「時間を買う」経営手法です。

 

Spiralll, Inc.