事業計画の作成

【27】 事業計画の作成

理論的で説得力のある事業計画を!

売り手オーナーは、過去の実績に基づく、合理的な事業計画の作成が必要となります。買い手にとって、対象会社の将来性は一番の関心事だからです。過去の実績をもとに、合理的で、実現可能性の高い計画を作る必要があります。

 

売り手は将来の事業計画をしっかりと作成することが重要になります。買い手にとっては、将来どのくらいの収益をもたらすかどうかが一番の関心事だからです。事業計画の作成に不馴れなオーナーもいますが、アドバイザーと相談しながら、最低でも1期分、できれば3期分の損益計画を作りましょう。 買い手は、売り手から提出された事業計画について、ヒアリング等を行い、綿密に調査・検討します。計画の信ぴょう性が低く、将来収益をもたらさないと判断すれば、M&Aは中止になったり、また買収金額が低くなったりします。感覚ベースの目標値としての計画ではなく、過去の実績をもとに、実現可能性の高い、積み上げ計算による作成が求められます。売り手側には、作成した計画を納得させるプレゼン能力が求められます。

過去の実績に基づく、理論的に説明可能な事業計画の作成が求められます。

 

Spiralll, Inc.