意向表明書

【17】 意向表明書

買い手が独占交渉権を得るための書類

意向表明書は、買い手が、売り手に対して、買収したいと表明する書面のことです。価格や時期等、細かい条件が書かれてあるケースや、あまり細かい条件は記載しないケース等さまざまです。買い手候補先に情報提供を行い、買い手にてある程度検討した後に提出されます。

 

意向表明書は、「LOI」(Letter of Intent)とも言われています。 買い手候補者は、売り手からさまざまな情報を入手し、それをもとに、買収の可否、スキーム、価格、時期、その他付帯条件等を検討し、暫定的な条件を売り手に表明します。このことを意向表明書と呼んでいます。受け取った売り手は、意向表明書を受け入れるかどうかを判断し決定します。通常、法的拘束力はありませんので、受け入れる場合でも意向表明書どおりの条件でM&Aが実行されるわけではありません。売り手が意向表明書を受け入れた場合には、通常、その買い手に対して一定期間の独占交渉権を与えることになります。買い手候補が複数いる場合には、意向表明書を入手し、買い手を絞り込むことが必要です。

買い手候補から意向表明書を入手することで、買い手候補の真剣度が図れます。

 

Spiralll, Inc.