表明及び保証

【29】 表明及び保証

表明・保証は最後の交渉

表明・保証とは、最終契約書にて、売り手・買い手双方が、決められた事項について、真実であることを表明することです。 M&Aはそれまで他人だったもの同士が一緒になることですので、万が一のリスクに備え、契約書にて真実を表明するのです。買い手が強い場合には、たくさんの表明・保証を売り手に要求してくる可能性があるので注意が必要です。

 

最終契約書では、さまざまな事項について、売り手・買い手双方がそれぞれ真実であることを表明することがあります。これを表明・保証といいます。 M&Aは高額な買い物ですので、買い手は大きなリスクを伴います。買い手が安心して買収できるように、売り手にさまざまな事項の表明を要求してくるケースがあります。例えば、事業の合法性、財務諸表の正確性、資産の実在性、負債の網羅性等です。表明保証として記載する項目は、条件交渉の一部ですので、アドバイザーと相談の上、了承する事項と了承できない事項をしっかりと検討し、交渉しましょう。

買い手が強い場合には、たくさんの表明・保証を売り手に要求してくるでしょう。

 

Spiralll, Inc.